~ The Diary of Fairy~

  • ハーブ
  •  〈Updated 2019.08.24〉  

ハゴロモジャスミンの剪定をする 【寒冷地のハーブ栽培】

寒冷地でハゴロモジャスミンを育てるには、鉢植えにして寒い時期を室内で管理することになります。
そんなことから、地植えに比べるととても早い時期に開花します。
2月中旬から3月中旬という、他の植物がまだ冬眠中?の時期に咲いてくれるって、それだけでありがたいですねぇ

そして、お花が咲き終わったら毎年恒例の剪定をしなければいけません。
花期後の剪定成長中の摘芯は必須です!これをしないと来年は開花しない…こともないけれど、
残念な姿でチョボチョボ咲きますね(-_-)

例年は、3月下旬には剪定を済ませているのですが、今年は事情があって開花が遅れたので、剪定も1ヶ月程遅くなってしまいました。
まさか、お花満開の時に剪定するってのもオカシな話だしね

ということで、今日は剪定の様子をご紹介します。
私は基本的に強剪定をします。室内で育てる期間のことを考えると、あまり大きくできないという理由です。
大きく育てたい場合は、樹形を整える程度の剪定でいいと思います。
…が、残した葉っぱは来年までに枯れちゃうし木化した茎がどんどん長くなるし見た目的にどーかなぁ…
そこの所は、お好みでどうぞ

っとあらかじめお伝えしておきますが、剪定を室内で行った関係で、写真が暗いです。
気づかずに剪定してしまったので、撮り直しもできず見づらくて申し訳ないです。

剪定の手順

まずは、剪定前の姿をご覧ください。開花期に何も手をかけていなかったのでこんな感じになっています。
これを剪定していきます。

最初に、お花が終わった穂を切り取ります。
これは、手順として最初にやらなければならないという訳ではありません。本体を剪定するのにジャマなんですね
穂先から根元に向かって見ていき、最初の葉っぱまでは切っても大丈夫です。
この葉っぱが出ている節は花穂が出た節なので、残しても次の芽が出てくる可能性はとても低いですよ。
開花時期からヒョロヒョロ~っと伸びてきたツルみたいなのも切りましょうか。
これもジャマなので切るってだけで、必須ではないですよ。樹形から飛び出した部分をチョンと切る感じです。
咲き終わった花穂とヒョロヒョロ伸びた芽を切り終わった所です。
こうすることによって、全体の樹形が分かりやすくなりましたね。
軽く剪定するにしても、形が見えていた方が作業しやすいと思います。
ここから本格的に剪定をしていきます。
成長している穂先を切ると、その直下の節から新しい芽が出るということを頭に入れておきましょうね。
そして、葉っぱがない節より葉っぱがついている節の方が発芽が速いです。まずは葉っぱがついている節をターゲットに進めましょう。
この枝は根本近くに葉っぱが出ている節があったので、ここでカットしましょう。
この枝の先端付近は、花穂が出た節や何も出ていない節がいくつもあります。下に葉っぱがついた節があったので、ここでカットすることにします。
各枝をそれぞれ観察しながら、こんな感じに剪定を進めますよ。
この枝は下部が木化していますね。一昨年までに伸びた部分です。
私は毎年強剪定をしているので、このような木化した枝は根本付近にしかありません。
樹形を整えながら剪定をするため、場合によっては、このように葉っぱがついていない状態で切らなければならないケースも出てきます。
これは、中心の茎を摘芯して左右に新しい芽が出た節ですね。その新しく出た部分も切り落としました。
これより下に葉っぱはないので、新しい芽が出るとすれば、再度この節からです。
前の写真のケースで発芽するとすれば、こんな感じです。
必ず発芽するという訳ではなくて、最悪は枝ごと枯れてしまう場合もありますよ。その辺は覚悟しておきましょうね。

全体のバランスなどを確認してOKなら終了です。


すっきりしましたね。

ついでに、挿し木してから2年になったこのチビ達も剪定しましょう。
はい終了!このチビ達は、鉢裏から根っこが飛び出しているので、一回り大きな鉢への植え替え時期です。
4月中には植え替えしなくちゃな…

まとめ

例年、3月下旬に剪定をしているので、剪定後もしばらくは室内に置いていますが、
今年は1ヶ月遅れたので、このまま室外へお引越ししました。
ただし、これから出てくる新芽は弱いので、しばらくの間は、半日陰に置くことにします。
私たちも、長袖生活をしているときに突然海水浴に行ったりすると悲惨なことになりますよね。
植物も同じです。特にハゴロモジャスミンの新しい葉っぱは薄いので、注意が必要です。
少しずつお日様に慣れさせていきましょう。

ここからは、伸びてきた枝の摘芯を繰り返して育てていくことになります。
適切に摘芯を繰り返していれば、支柱も必要ありませんし、ツルがあちこち絡んだりすることもありません。

さて…剪定が1ヶ月遅れたということは、9月中旬に摘芯を止める時期までの日数も短くなったということです。
どの位成長してくれるのか心配ではありますが、元気にたくさんの花穂を付けてくれることを期待してお世話していくことにしましょう!

おわり

≪関連記事≫

ハゴロモジャスミンの育て方やお手入れのあれこれ 【総集編】


ハゴロモジャスミンを鉢植えで育てる時の、剪定や摘芯の方法、挿し木で増やす方法、気候に合わせた管理方法など、他の記事をご覧いただける総集編です。興味のある方はこちらもどうぞ。

関連記事一覧

営業日カレンダー

WEB情報

このサイトは、
『癒し』をコンセプトに長野県岡谷市にて店舗営業を行っているフェアリーランプのホームページです。

ハーバルセラピー・アロマテラピー・天然石
に関する情報や店舗でのお取り扱い商品などのご案内をしています。

是非、実店舗へもいらしてくださいね!

 

PAGE TOP