~ The Diary of Fairy~

フェンネルの冬越しと春の発芽 【寒冷地のハーブ栽培】

私はスイートフェンネルブロンズフェンネルを育てています。
お花が咲き終わる頃には、新しい葉っぱも出てこない状態になっているので、その時にバッサリと刈り込みをしています。
根元から15cm程を残して全部切っちゃいます。
そうすることで、根元から新しい葉っぱが出てきて、また収穫できるのですね。
とはいえ、秋も深まっていくので、大量に収穫するって感じではありませんけれどね

そして、特に冬越しの準備などすることはなく、そのまま冬に突入です。
寒さが厳しくなると、緑色の部分は一旦なくなりますが、少しポカポカした日が続くとひょっこり葉っぱを出しますよ。

結局、この岡谷市でも葉っぱを見ることが出来ないのは、1月~2月の2ヵ月位です。

しかし!さすがの寒冷地また寒波がやってきたりすると、せっかく伸びて来た葉っぱがダメージを受けますね。


先っぽが茶色くなったり、ダメになってしまう葉っぱもあります。
だからって、どうすることもできないので、このまま放置です
こんなことを、霜が降りなくなる4月中旬まで繰り返しながら、暖かい季節を待つのですね。

うちのハーブガーデンでは、主に葉っぱを収穫するために育てているのですが、背丈も大きくなって見応えのあるフェンネルは、もう一つ重要な役割を担っています。
それは、新しい鉢植えや若い挿し木の日よけ役です!
フェンネルの隣に植えてあるコモンセージと共に、真夏の半日陰作りに貢献してくれていますよ。
小さな鉢植えは大体この根元あたりに集中して置いてあります。

そして…


ホワイトセージを挿し木した鉢…

去年苗を植えたレモンティートゥリーの鉢…

ローレルの挿し木…

ローズマリーの挿し木…

み~~んなフェンネルが芽を出し始めました

昨年の秋、刈り込みをする時期が遅くなってしまい、種が大量に落ちたのですわ。
その下に置いてあった小さな鉢植えは、フェンネルの種と共に室内で越冬して、ポカポカなお部屋の中で元気に成長!フェンネルも何食わぬ顔で発芽!ってな訳です。

この小さな鉢で両方を育てることはできないので、いずれはフェンネルを抜くことにはなるのですが、
まだまだ寒いこの季節の芽吹きは楽しいので、しばらくはこのままにしておくつもりです。

フェンネルは根っこをいじられるが嫌いなので、植え替えてもうまくいかない確率が高いです。
っていうか、この勢いで発芽しているので、今年は庭でもすごい勢いで発芽することでしょう

あと半月くらいかな?
春の芽吹きは楽しみだけれど、どんなことになるやら
楽しみに待つことにしましょう

おわり

関連記事一覧

営業日カレンダー

WEB情報

このサイトは、
『癒し』をコンセプトに長野県岡谷市にて店舗営業を行っているフェアリーランプのホームページです。

ハーバルセラピー・アロマテラピー・天然石
に関する情報や店舗でのお取り扱い商品などのご案内をしています。

是非、実店舗へもいらしてくださいね!

 

PAGE TOP